夏の蜃気楼

忘れられない人がいて、そして

サワヤ

恋愛 休載中
1時間26分 (51,238文字)

23 273

あらすじ

社会人3年目の優樹(ゆうき)は、礼奈(れいな)を忘れられずにいる。そうして過ごしているうち、優樹は菜々(なな)という女の子に出会う。優樹は驚き、困惑し、緊張する。なぜなら彼女は……。 現実と幻の狭間

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る