悪妻は、百年の不作

権蔵の妻は、普通ではなかった。

板倉恭司

14分 (7,981文字)

8 14

あらすじ

 江戸時代、闇に紛れてひっそりと生きる権蔵と妻のラミア。彼らは、普通ではなかった── ※グロい場面があります。苦手な人は注意してください。

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

生きることの重さと意味

他者を傷つけずに生きていける者は、この世に一人もいません。私たちは皆罪人です。 その重い事実を、作者さまは主人公とラミアという例を通して鮮やかに伝えて下さいます。 その上での、原始的で尊い喜びごと
1件2件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2019/5/12