『隣にいるのは』

 そこは、様々な変わった病魔が蔓延る世界――。

7 41

28分 (16,505文字)
 様々な出逢いと別れのお話。

あらすじ

 今まで平凡に生きてきた。  だから、死ぬ時も平凡だと思っていた。  ある日突然、医者からの容赦ない余命宣告を受けるまでは――。      ※リュミエールシリーズ以来の、ネタ提供元ありの小説です。  

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る