鰻捕り

昭和の日本の田舎、自然で遊ぶ少年達は、【鰻泥棒】と出会う

夏野 篠虫@1週間休憩中

ホラー 完結
4分 (2,377文字)
幽霊・人に、今回から妖怪をテーマに加えました。

33 936

あらすじ

短編怪談シリーズ第11弾。 今回から【妖怪】テーマを追加しました。 1960年代、日本の片田舎で毎日自然と戯れていた少年AとB。 二人はある日、鰻を捕ろうと近くの川に仕掛けを沈めた。 翌早朝、二人で

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

自然が当たり前の世界には妖怪も・・・

 ゴキブリに次いで、また妖怪物にたどり着きました。日本の原風景に残っていた自然のなかで暮らしていたからこそ見えないものが見えていたのでしょう。ありがとうございました。
1件1件

この作者の作品

もっと見る