アリス

妄コン「傘」の為の小さな愛の物語です。

南波 せつ

5分 (2,840文字)
弱い者同士、寂しんぼ同士、支え合おう……

17 594

あらすじ

 家出したアリスの母親の後に転がり込んだ女は、派手な見掛けとは裏腹にとても家庭的だった。ゴミだらけのアパートの部屋は徐々に片付いていく……

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

いいな!これ!

 いいな! これ。 あたたかな日常生活の積み重ねが 家庭を暖かにし 家族を幸せにするンですね。  現代社会に問いかける 秀作だね。
1件2件

母色

母に捨てられた女の子の頑なさと、健気さがよく表現されている作品だと思いました。 彼女にとって大事なものを象徴する赤い色が上手く使われていて、モノトーンの世界に差し色としての強い印象を与える役割をしてい
3件

この作者の作品

もっと見る