ロジャー・ブライトと娼婦

自由主義社会で人生は停滞し、男は娼婦を食べた。それが出会いでした。

成井露丸

14分 (7,999文字)

1 73

あらすじ

ある平日、ロジャー・ブライトが三時のおやつとして食べた娼婦は、思いの外、豊かな味わいを彼に与えた。その娼婦を抱いている間、灰色だった男の日常は七色に輝いていた。 舞台は停滞感が生まれた自由主義社会。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る