相々師匠

星賀勇一郎 短編小説 第四十六弾

星賀勇一郎

14分 (7,966文字)
師匠シリーズ 四作目

14 215

あらすじ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第103回 「傘」 優秀作品 相手の事を想う 簡単に見えて難しい事で… 本当の優しさって、言葉には出来ないのかもしれません

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

先生のお弟子さんは先生のことが大好きなのですね

師弟シリーズもついに4作目ですね。読む度にほのぼのします。 段々と要くんが物申すようになってきたところに、その成長を感じます。そして、弟子の成長を見守りながらも何歩も先を歩く先生。 そんな先生の隣に並
2件1件

この作者の作品

もっと見る