受賞

いつか、三時の向こう側

土曜日の三時、それは特別な時間。病室に、来てくれる三人の友達。その時間が、ずっと続けばいいと――そう願っていた。

11 78

12分 (6,651文字)
病室で友人達を待つ少女とその結末。そういう事だったのか、と最後に驚いて頂ければ。

あらすじ

「杏樹ー!今日も遊びに来てやったぞ、感謝しろ感謝!」  難病で入院する私を、いつも土曜日の三時にお見舞いに来てくれる友人達。  元気で明るい太陽。姉御肌の璃々。クールで頭のいい瞬。  彼らと過ごす楽

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る