齋藤さんと黄色い傘と

黄色い傘が繋ぐ少年と少女の物語

8 118

10分 (5,844文字)
傘と雨は切っても切れぬ。相対するものと絶対条件。

あらすじ

 梅雨のある日、傘を忘れた僕は、1人の少女から1本の黄色い傘を借りる。  数日後、返そうと返すことができない。  彼女は…忽然と姿を消してしまう。  長い年月を経て彼がたどり着いた場所は…。  諦め

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る