ジェイの雨傘

星賀勇一郎 短編小説 第四十七弾

星賀勇一郎

14分 (7,991文字)
主義ってなんだろうか…。命よりも大切なモノなのだろうか…

11 230

あらすじ

数日降り続いた雨で俺たちは完全に気力を失っていた 「こんな戦争で死んでも誰も幸せにはなれない…」 あの日、ジェイはそう言った 傘を持って踊る様に走るマイフレンドには守るモノは無かったのだろうか…

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る