受賞

生存報告、今日もわたしは生きてます

約8000字のSF短編。生きる希望を失った彼女が頼りにしていたのは、3時にだけ放送されるあるラジオだった。

凪司工房

SF 完結
14分 (7,988文字)
ラジオはいつも、ぼくたちに寄り添ってくれる。そんなメディアだと思っています。

54 394

あらすじ

【あらすじ】 大規模な電波障害により、3時にしか電波が通じなくなった世界で、彼女は彼のラジオだけを心の拠り所にして生きていた。 【コンテスト/賞】 超・妄想コンテスト「3時」応募作 https://

タグ

感想・レビュー 1

結果を見た時「やっぱり!」と思いました。

いくつか作品を拝見させて頂いて、その中で好きだったのがこの作品だったんです。これが受賞しなければ私もう無理だ~と思ってたくらいで。なので準大賞の結果を見て「ほらぁ!やっぱり!受賞してるー!」が素直な感
1件1件

この作者の作品

もっと見る