赤いテントと蛇女

幼い頃見た赤いテントの見世物小屋。美しい蛇女との出逢い。蛇女に囚われた男の物語。

30 1,350

ホラー 完結
14分 (7,941文字)
人の世は多種多様な人で出来ている。全てがノーマル。

あらすじ

幼い頃見世物小屋で見た蛇女を忘れられない男が昔話を語ります。蛇女自ら語る見世物小屋にいるもう一つの理由。ノスタルジックな雰囲気をお楽しみ頂けたらと思います。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

艶めかしい描写

 語り口が巧妙で、スッと物語に惹きこまれていきます。少年が想った艶めかしい蛇女が画面を見るように描写されていました。そして蛇女との出会い、切なさを感じさせます。少年の心を抉るような背景も伝わってきまし
2件

この作者の作品

もっと見る