午前三時の誘惑

俺は、最高にイライラしていた。

板倉恭司

ホラー 完結
6分 (3,460文字)

4 10

あらすじ

 小さな頃から悪さを重ね、気がついたら最低のチンピラになっていた俺。ある日、イライラに耐え切れなくなり、真夜中に家を飛び出した。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

因果応報の連鎖

ネタバレを避ける方向で感想を書きます。 仕掛けのある小説です。連鎖してゆく因果応報がたまりません。 切れ味が鋭い物語なので、どうか読んでみてください。ニヤリと笑いたくなると思います。
1件1件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2019/6/16