午前3時の銀河鉄道

僕と君との二人だけの逃走。午前3時の銀河鉄道が運ぶ二人の運命とは?

ときわひでたか(常盤英孝)

5分 (2,451文字)

14 218

あらすじ

「僕と一緒に逃げよう」 僕と君との二人だけの逃走は、この言葉からはじまった。 幼い二人を巻き込む大人たちの汚れた世界。そこから逃げ出そうと試みる二人。 あまりにも美しい午前3時の銀河鉄道の奇跡は、二人

感想・レビュー 1

美しく巧みな情景描写

 はじめまして。「急上昇」カテゴリーでこの作品を見つけ、拝読しに伺いました。  とても洗練された情景描写が冒頭から展開されて、すぐに物語の世界に私までも引き込んでくれました。その描写は、主人公や女の
1件3件

この作者の作品

もっと見る