一行怪談集

ただ一行で紡ぐ怪談。

44 282

ホラー 連載中 過激表現
9分 (5,081文字)
それぞれ独立していますので、どこから読んでもOKです。

あらすじ

吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物

感想・レビュー 4

オススメの作家

ぞくりとしました。 そう言えば、黒木あるじという作家が、たった五行の怪談で、小説の新人賞を取ったそうです。もう少し文字数を増やして、量も多くすれば、怪談小説の新人賞を狙えるかも? 試しに黒木あるじ

まだ途中ですが( ̄▽ ̄;)

すごい❗ハイパー短編ですが、すごく伝わります(>_<)

一行の力

これはすごいですね! ポン、と投げかけられた一行。 その前後を想像するとぞくっとさせられる。 これは作者様のセンスの良さなのでしょうね。 短く短く凝縮された恐怖・不可思議さ・・・。 見事なショートシ
もっと見る

その他情報

公開日 2019/6/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る