悟れないもの。

母っていう生き物は……。

たみや える

14分 (7,999文字)
104回 妄想コンテスト「赤」参加作品です。

0 3

あらすじ

私は、平々凡々な涼太の平々凡々な母親。 ある日、涼太が友達を家に連れてきた。奏多くんというその子は私の子育ての理想形そのもので、我が子とつい比べてしまう。母親としての自信をなくし、イラついてしまうのだ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る