助手席は君のもの

小さな嘘から始まる本物の恋

咲花実里

恋愛 完結
25分 (14,600文字)

312 576

あらすじ

俺、海藤栄治は四十歳独身。好き好んで独り身な訳じゃあないんだが、気付いたらこんな歳になっていた。同じ課の井上は「タバコで癒やされるなんて寂しい」なんて笑うけど、他に癒やしてくれるものが無いんだから仕様

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る