その指に溺れる視線を

彼の指が触れる――バツイチの中年オヤジと売れない俳優の、変わったフェティシズム

35 39

BL 完結 過激表現
10分 (5695文字)

あらすじ

二十代後半にして売れない俳優の健人は、仕事先で知り合ったバツイチの中年男・久我に毎日のように熱烈な告白を連ねていた。 ――あんたのその仕草とか、悪そうな顔が好き。 渋くてカッコイイ。 その指が顎髭に触

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

ひとつの愛が昇華するストーリーでした。

スポンサーの久我と酒を飲む新人俳優の健人。バーでのユーモラスなやりとりから一転、いきなりメイクラブへと展開します。汗だくで、お互いの肉体を求めあう2人。元々は、健人に彼の魅力を教えるはずだったのに、そ

その他情報

公開日 2019/7/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る