花の妖精 外伝 『一番弟子の旅立ち』

『花の妖精フローラ』シリーズの外伝として書きました。

2 67

10分 (5,890文字)
また異分野へのチャレンジです。

あらすじ

 作品の場所と時代の設定は、日ノ本の國と戦国時代後半としています。 日本昔話風な歴史ファンタジー(?)でしょうか?  どうぞ、ご覧ください!...日付の計算間違えたので修正しました!

感想・レビュー 1

温かい人のつながりを描いていて、読了感が爽やかです

美しい女性に心を奪われた斎真は、己の修行の至らなさを知ります。池のほとりで瞑想する最中、親指大の少女と出会う。彼女のおかげで、入水自殺をする女性を助けることができました。とはいえ、生きる希望を与えるた

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る