白狐の嫁入り

幼い頃に出会った白狐と、町医者として活躍する男の物語

10 71

歴史・時代 連載中
13分 (7,310文字)
ちょっぴり切ない、和風恋愛物語です☆

あらすじ

江戸時代末期――医者として町人達に親しまれている男が居た。 彼が幼い頃、稲荷神社でケガを負った白キツネとの出会いは大切な記憶を、大人になってふと思い出し、再び稲荷神社に足を運ぶが白狐の姿はなかった。

シチュエーション

シリーズタグ

感想・レビュー 1

その先が気になるオープニングとして、完成されていました。

冒頭で昔の思い出を語る言葉がせつないです。次に、対になる形で、男性の言葉が入る。読者はこの2人がどんな出会いをしたのか期待します。そして登場する医者の九条美琴。彼こそが10歳の頃に白狐と出会った男性だ

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る