猫と娘のために余命一年でできること

子を思う親の心を、下町の人情の機微とユーモアを交えて描いています。

15 208

51分 (30,262文字)
残された余命で、ネコと娘のためにできることを探す下町作家の浪花節の愛

あらすじ

下町尼崎の作家、茶川龍太郎は、今年高校生になった娘、茉奈と愛猫ワガハイとの2人と1匹との暮らしだ。 妻、文を早くに亡くし不器用ながらも男手1つで茉奈の成長と幸せを願う日々に、たまたま、受けた健康診断

読者の感情

感想・レビュー 1

今後どうなるのかを見守りたいです

胃がんが見つかった龍太郎。一人娘の茉奈はまだ高校生。勧められた縁談もけんもほろろに断ったばかり。尼崎城の天守閣に登っても、興味が湧かないのは致し方ありません。場面転換がわりと早めなので、展開も早い。サ

その他情報

公開日 2019/7/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る