七月の微熱

あの時僕は甘えていた。母に、父に、三十七度を超えた、体温に。

ななみ 樹

青春 完結
7分 (4,194文字)
去年の七夕に書いたものを加筆修正。七夕にあげようと思っていたのを忘れて、八月になってしまった……。

0 5

あらすじ

幼馴染のミユキに、短冊を押しつけられた。何も書くことなんてない。夏は今日も暑かった。僕は熱の漏れ出す体に、体温計を挟んだ。 ■七夕の小話。短編です。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品