神様の横顔

ゆめもうつつもかわらない

日澱樹

4分 (1,964文字)
不思議な話しになってしまいました。

0 7

あらすじ

千絵には神様がいた。同い年の神様。 彼女の絵に魅せられ、とり憑かれた。 だが突然、彼女はいなくなってしまう。 放心状態になって一ヶ月後、夢で彼女を見た。 夢の場所に急いで行くと、本当に彼女がい

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る