風鈴

超・妄想コンテスト『ひんやり』参加作品

6 37

ホラー 完結
2分 (1,032文字)
閲覧ありがとうございます

あらすじ

体験談より。 妄想コンテスト「3時」の没ネタとして自身のエッセイ詩集で紹介した作品を「ひんやり」用に再編集しました。 超・妄想コンテスト「ひんやり」参加作品

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

風鈴は何を見たのだろうか?

夜中の風鈴の音はあまり気持ちの良いものじゃない。 窓際にへばりつくようにして、さりげなく室内を覗く風鈴。 まるで、薄暗い室内の、そこに誰かいるぞと教えてくれているではないか? 「気を付けなさい。ほら

その他情報

公開日 2019/7/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る