継ぎ繕うもの(金継ぎ師弟の恋にはなれない恋の話・一 )

割れた陶器を漆で繕う技、金継ぎ。金継ぎを請け負う傍ら教室を始めた壮介の元に、後に押し掛け弟子になる一人の生徒が現れる……

木曽 由真

2時間52分 (103,032文字)
「PRETENDER」から一年少し遡った牧と千都香の出会いから始まる話です。続編「恋にはなれない、恋の話。」連載中です。

164 1,027

あらすじ

割れた食器を漆と金粉を使って修復する技法、金継ぎ。 金継ぎを生業にしている牧壮介は、骨董を商う友人の勧めで素人向けの教室を始めることになる。 職人気質が災いしてか生徒がなかなか集まらず、教室は開店休

感想・レビュー 1

お待ちしておりました

楽しみにお待ちしておりました!! 職業描写も細に入り、頭が下がります。 更新楽しみにしております。
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る