精霊舟

星賀勇一郎 短編小説 第五十一弾

13 90

14分 (7,863文字)
何も言わずに逝ったあなたに贈ります

あらすじ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第106回「ひんやり」 優秀作品 死者を送る精霊流し 私の町では灯籠を流すのではなく、舟を流す風習がある 三途の川を舟で越えられるようにという昔の人の配慮なの

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る