長屋浪人暇人日記~月と星の輝く夜に~

どうにもならぬ世の中を、どうにか渡ってみせましょう

11 18

歴史・時代 完結 過激表現
2時間23分 (85,229文字)

あらすじ

白刃に月光がキラリと光る。雲の隙間からもれた光が、一瞬の勝負を決めた。振りかざした刀を鞘に収める。 俺は女が苦手だ。見ているだけで全身が痒くなる。目が合うだけで胸の鼓動が早くなる。話しをすれば呼吸が荒

この作品に含まれるキーワード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る