人色の永遠

あの夏、私は一つの恋を知った

3 5

49分 (28,810文字)

あらすじ

夏休みのはじめ、一人の少女と出会った「ひなた」。 少女は自分を「永禄時代に生まれた」と言う。 人魚の肉を食べたかもしれないらしい彼女は、 ただ一人の魂を求めて長い旅を続けていた。 彼女の探し物を手

目次 6エピソード

もっと見る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る