さよなら愛しきサリー先生

僕と明音と「サリー先生」のお話

0 0

恋愛 完結
7分 (3,826文字)
布団が届いた。やっぱり日本人は布団がいい

あらすじ

「サリー先生」のいなくなったその部屋で、僕はひとりぼっちを嫌って明音に電話をかけた。雨と明音と、少しばかりのノスタルジアに浸りながら。

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る