愛された執事

【完結】伝統に縛られていた青年執事が、初めて愛され自分の道を歩き出す短編小説。

285 425

BL 完結 過激表現
24分 (13,942文字)
本棚登録、スター、ページコメントなどありがとうございます。おかげさまで完結しました。

あらすじ

西川朔哉は、執事の家に生まれた。西川家には、当主に抱かれるという伝統があった。しかし儀式当日に、朔哉は当主の緒方暁宏に拒まれる。 この館で、普通の執事として一生を過ごす。 そう思っていたある日。館に暁

感想・レビュー 1

短いお話の中に、ぎゅっと詰まったハートが温かい

縛られた因習から主人公が解き放たれ、次への一歩を踏み出す姿が印象的でした。 何をやっても何を言っても、それはすべて父から教えてもらったことで代々家に伝わって来た決まり事。決まりを破る時は耐えがたい痛み

その他情報

公開日 2019/8/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る