覚え違い

初恋の思い出には、甘く清楚で――冷たい香りが絡み付いていた。

砂たこ

ホラー 完結
15分 (8,853文字)
この話は、超妄想コン第108回「あの子がいなくなった」に応募しています。よろしくお願いします。

3 300

あらすじ

転勤族の家庭に育った俺が、一番長く学校生活を過ごした、朝陽村。 6年生の夏の終わりに、クラスメイトが行方不明になった。 あれから、7年――。 大学で、偶然クラスメイトの1人と再会した俺は、夏の終わ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る