三日月

いつもと変わらない 声だった

3 99

2分 (1,007文字)
妄想コンテスト「月明かりの下で」応募作品です!ご感想・コメント等いただけると、嬉しいです!

あらすじ

「兄ちゃん。」 「ん?」

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

読ませて頂きました。

意味深かつ余韻が残る終わり方だなと思いました。

その他情報

公開日 2019/8/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る