10分 (5,806文字)
もう、なんで毎回苦手な分野で書くかな!w

5 23

あらすじ

 夏の最後、君は僕の前から消えていった。  まるで、今まで存在しなかったかのように、それでも唯一残っているものがある。  それは…。

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る