R.シューマン若き日を語る

あのロマン派大作曲家による呟き「自伝」

9 115

50分 (29,556文字)
1810年のツヴィッカウからご一緒に。約30000字の旅路です。

あらすじ

生まれた時から、クラーラ・ヴィークの父の内弟子になるまで、ロベルト自身の回想小説です。 出版・書籍販売を営む父は夢見がち。しっかり支える母、3人の兄と姉ひとり。末っ子ロベルトは、家族から愛情を注がれ

感想・レビュー 1

無知な読者です。

クラシック音楽の知識は全く無いのですが、楽しく読ませていただいています。 音階でミとファの上がり方に、何となく違和感を感じつつ、なぜ鍵盤ではミとファの間に黒鍵が無いのかも、最近まで知りませんでした。

その他情報

公開日 2019/9/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る