オフィーリアの水牢

今はもういない、キサラギ・サラの事件

11 43

28分 (16,572文字)

あらすじ

少し前の東京。 ドイツ人ばかりの全寮制の中学校に通う「僕」は、友人のハインツとカルフとともに毎日を過ごしていた。 そんなある日、三人と縁深い存在だった先輩「キサラギ・サラ」の死が告げられる。 冬の屋内

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

緻密なミステリ

現場の状況の意味が細部まで推理に反映されていて、とても緻密に練られたミステリだったと思います。 主要な登場人物がなぜそう行動したのか? そこにはどんな意味があるのか? そこに真っ向から挑戦した意

その他情報

公開日 2019/9/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る