月はどこまでも

圭吾と玲奈が会うのはこれで最後だった。

11 131

10分 (5,533文字)
実体験では……ありません笑

あらすじ

あらすじはありません

タグ

感想・レビュー 2

幸せとは誰かが決めるものではない

物語の入り方が凄く秀逸だなと思う。まだ数作品しか閲読させていただいたことがありませんが、微妙な心情の表し方も上手い。 これはかなり深い物語。もしこういうことを体験している人がいるなら本人の気持ちを一番

さすがの秀作

いけない関係の男女の物語なのかと思いきや…切なくなる展開に…! 話の転調がさすがritoaさんという感じがしました。 何気なく進むようでちゃんとお話に起伏がある、そんなritoaさんの魅せ方の真骨頂が

その他情報

公開日 2019/9/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る