【短編集2】月影の乾坤堂─はるはやちの事─

短編シリーズ第2弾!春風はしるころ、5つの語りに心躍る。

2 119

ファンタジー 連載中
14分 (8,360文字)

あらすじ

【はるはやちの事】 うららかな、春(はる)の陰間に、怪(あやし)あり──。 毎夜夢枕に立つ女が、小冬(こふゆ)の首を絞める。 寝床には、椿(つばき)の花びらが散らばっていた。 親友・椿姫を頼

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る