秋のクレマチス

私にはとても大切なあの子が居た・・・

0 5

3分 (1,244文字)
あの子と私の関係性を考えながら是非読んでください。

あらすじ

もう、大丈夫だとあの子は笑った。夏が過ぎ、秋の色に染った世界の中、あの子がいなくなった・・・。 いなくなってしまったあの子と私の物語・・・ 妄想コン『あの子がいなくなった』応募作品

読者の感情

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る