Erased Dark Green

育ちつつあった淡い気持ち。それは大人の罪に触発された少年の行為で、無残に踏みにじられた

32 914

青春 完結
14分 (7,882文字)

あらすじ

あらすじはありません

目次 2エピソード

感想・レビュー 4

傷つけてはいけないもの。

号泣作品。この作品に触れて一番思ったことは産まれてくる子供は親を選べないということ。子供は一人では生きられない、自分に出来る精一杯で守りたいものを守る。しかしそのことが大切な人を傷つける行為になってし

感動しました!

この短い短編で、ここまで深い世界を味わえたのは初めてでした。 心理描写がとても丁寧で、美しい文章で描かれています。表紙も素晴らしいです。 とても切なく、でも最後に希望が持てる純文学でした。

想い出って・・?

幼い頃の淡い恋心って誰にもあるし、普通はそれが美しい想い出となって心の中に仕舞われています。 しかし、この作品を読んで、美しい想い出を記憶に残せるのは幸せな事だと改めて気付かせられました。 止むに止ま
もっと見る

その他情報

公開日 2019/9/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る