百億分の一の悲劇

幼なじみがいなくなった。少年は車に乗る。果たして?

0 3

SF 完結
3分 (1,305文字)
三行から参加できる 超・妄想コンテスト「あの子がいなくなった」応募作品

あらすじ

少年には、みな子という幼なじみがいた。 だけどある日、いなくなった。学校を探しても本人の家に行ってもみんな知らないという。 そこへ車が来て、みな子のいるところへ案内するというので、乗っていった。 果た

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

永遠の涙

SF 完結 過激表現
12分 (6,882文字)
もっと見る