バズる

妄想コンテスト「あの子がいなくなった」用作品

22 174

9分 (5,272文字)
現代の闇を書きたくて書きました。

あらすじ

江本家では、三日前に学校へ行ったまま、帰宅をしてこない、女子中学生の一年生、鈴音の身を案じていた。 母も父も、警察に捜索願を出し、仕事も休み、近所の鈴音が行きそうなところを探し、町内の掲示板にも、行

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

Twitterにおける、いいねボタンと心の闇

 すごくおもしろかったです。  ないようがスッと入ってきて、さいごビックリしました。  Twitterで、ゆくえふめいのかぞくをさがそうとするとこから、ドキドキしながらよみました。  3さいのぼくでも

その他情報

公開日 2019/9/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る