tatoo

彫り師の道を選んだ堂本の葛藤と、タトゥーが宿す力や、タトゥーの意義を伝えたいヒューマンドラマです。

37 216

文藝賞用に書いたものです。最終に残れませんでしたが、彫り師やタトゥーのことを身近に感じて頂けたらと思います。

概要・あらすじ

作者: 高杉愁士朗
1時間39分 (58,887文字)
彫り師、堂本は、今日も自分のスタジオに訪れる客にタトゥーを入れている。 偏屈そうに見える堂本だが、その手は一流だ。 タトゥーを入れて自分を変えたい者、 恋人との絆として入れたい者、そういったお客が

感想・レビュー 1

読み終えた時の清々しさがたまらない

 一気に読んでしまいました。  堀師堂本の客である、岡崎と絵里の二名の話があったからこそ、ラストシーンで堂本の心情により深みが出ていたと思います。  彫師の扱うタトゥーマシン、堂本の過去に登場するホ

その他情報

公開日 2019/10/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る