つきのうらこうえんであそびましょう

遠く遠く、離れていても、また遊べる日を夢見て

8 39

SF 完結
5分 (2,443文字)

あらすじ

少し未来の話。私たち大人たちは、子どもたちにどれだけの可能性を残せるでしょうか。 子どもたちにとって、月はどれくらい遠くて、どれほど近い存在なのでしょうか。 月の光が、もっと近く感じられるように、

タグ

感想・レビュー 3

一緒に生きていけたらいいね

なんで離れて暮らさなくちゃならなくなったんだろう? 科学が進歩した世界なのに。人の心は二の次になってしまうんだろうか。 切ない、お話です……。 科学や文明がどれだけ発達しようと家族は一緒に暮らせる

未来は幸せですか?

何故、人は月で暮らしているのでしょ。 何故、親と子が離れて暮らさなければならないのでしょ、 そんな疑問が浮かびますが、1人の母親の温かみある思いがふんだんに込められたお話しです。 未来の子どもたちの

語り口調が優しい

いつか技術が進歩した時は、こうした事も起こるのかも知れません。 目では見える月との隔たりと、同じ響きの名前がある事で一層親しいものと感じられる相反する気持ちを覚えられる不思議な作品です。 日々変化

その他情報

公開日 2019/9/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る