朝がまた来る

あの日,ボクと私は"理系"を交換した.

9 58

青春 連載中
39分 (23004文字)
大阪⇔東京を駆け巡る、エセ理系ぶっ飛びボーイミーツガール。

あらすじ

人工知能を研究していた凡人と、脳科学の天才だった君。 出会ったのが理系の学会なら、アプローチもまた、偏屈な形だった。 「人生交換できたらいいのに」 あの日、思わずつぶやいたその言葉を、君は真に受けた

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る