彼女がいる風景は

毎朝通学電車の窓から見かける少女に恋した僕は、出来立てホヤホヤの友達の助言により人生初の告白をすることを決めた──が。

烏海香月

青春 完結
14分 (7,916文字)
コンテスト応募用に書き下ろした短編です。

74 434

あらすじ

毎朝通学電車の窓から見つめる視線の先にはホームに置かれている椅子に座って本を読む少女の姿。 今まで一度たりとも言葉も視線も交わした事の無い彼女に惹かれて仕方が無い僕は出来たばかりの友達のアドバイスを元

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る