こんな純愛もあるんだよ

――人生の最底辺で、ぼくは彼女と出会った。

優美香

ヒューマンドラマ 完結 過激表現
14分 (7,919文字)

9 296

あらすじ

※他サイト掲載の自作を大幅に改稿しました。超・妄想コンテスト「その日、私は出会った」にエントリーしています。 失業状態だった「ぼく」鷲津孝典は、人生の転機になる出会いをしていた……その人は、いわゆる

感想・レビュー 1

胸に迫りました

決して奇麗事ばかりではないふたりの間でも、真の部分に、ちゃんと『純愛』があったのだな、と何度も読み返しました。 ラストの一行が、淡々としながらも胸に迫るものがありました。
1件2件