『悩みの種は美しく咲く』

生きていると色々あるけれど、どれもがなくてはならなかったんだ。

草野遼河

2時間6分 (75,235文字)
四人のやり取りや様々な土地の料理、酒にも注目すると面白いかも知れません。

1 19

あらすじ

 東京の『パルドブロム』という古いアパートにこの物語の主人公で会社勤めの國村歩(ぽっぽ)、年齢不詳、自称作家の大和田恭平(金次郎、もしくは先生)、三十代で居酒屋『咲や』を営んでいる飯田恒夫(マスター)

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません