集合。いつもの橋の上で。

ふいに視界をふさがれたから、一瞬なにが起きたかわからなかった。

るくみる

6分 (3,250文字)
久しぶりに女の子の一人称書きました!少しでもなにか心に残せますように。

3 4

あらすじ

『集合』 合図ひとつ、わたしたちはつながってきた。 ※※※ いつでも、どんなときも、橋の上で「集合」してきた千春と菜緒斗。 今日の「集合」は、ふたりにとって特別な意味を持つ。 かなうなら、今日、こ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る