"映え"るEVE

俺は、会社の先輩の立花さんが好きだった。内緒話みたいに呑み会で、バツイチなのだと俺だけに打ち明けてくれた時。恋に落ちた。

圭琴子@低浮上

BL 完結
11分 (6,522文字)
インスタを始めたという設定で、画像を沢山使ってみました。写真にそったお話なので、毛色の変わった作品になっていると思います

30 36

あらすじ

 俺は、会社の先輩の立花さんが好きだった。自覚したのは、仕事熱心で清廉潔白で、女になんか縁がないと思っていた立花さんが、バツイチだと知ってから。  まだ誰も踏み入っていない新雪のように滑らかな肌。し

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る