事前連絡

突如雲を突き抜けて現れた銀色の円盤。私は思わず頭を抱えた

5 126

SF 完結
4分 (2,371文字)
妄想「言えなかった言葉」参加

あらすじ

窓の外に見えたのは、降下してくる銀色の円盤だった。 ああ、何という事だろう。 私は思わず頭を抱えた。

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

思い込みは危険ってことかな…

メー…がなんか可愛かったです😊! でもこれは…勘違いしますね笑 しかし…代償は大きいヽ(´ー`)
1件1件

アクロバティックな発想

毎度の事ながら、那由多さんの発想には感服させられます。 そう来たかーと、無防備なところから奇襲をかけられた感じ。 アレの再現度の高いところも笑わせてくれますね。 オチの部分は、確かに急にこれまでの
1件

この作者の作品

もっと見る